セイシェル(セーシェル)ウェディング & ハネムーン・マヘ島5日間の旅 (2)



セイシェルに到着、ホテルへ。とうとうセイシェルへ、感無量。
空港から専用車で約45分、バンヤンツリーに到着。
ホテル前のビーチは真っ青でした。
      

      

ウェルカムセット
   


フロントの方の説明を聞き、部屋に荷物を置き、すぐにウェディングの打ち合わせへ。今回は日本人のコーディネーターの方にも手伝って頂きました。メイソンズトラベルとホテルスタッフの方の聞き取れない英語も、さらりと通訳して下さり、コーディネーターの方がいるといないとでは、だいぶ結婚式の出来具合が違ってくるな、と痛感しました。そして、出来るだけ理想通りの結婚式になるように、妥協せず意見はどんどん言いました。

ロビーで打ち合わせ




お部屋からの眺めも最高。






お部屋

 

       





レストラン


  

サフランカレーです。
xx

 

到着の翌日 結婚式の前日
 
お土産を買う予定にしていた土曜日は、午前中しかお店が開いていないことを知り、朝から首都ヴィクトリアへ。お店は平日ですと、9時ぐらいから開き始め、午後4時には閉まってしまうとお聞きしていたので、素早く動く事を心掛けました(笑)。
しかし首都と言っても小さな街なので2~3時間あれば一周してしまいます。お土産も限られたもので、名物はバニラの紅茶、ココナッツの石鹸やオイル、地元の方が作った民芸品が多く並んでいました。それでも、初めて目にする街やお土産に、どれにしたら良いかとても迷い、結局予定していた全てを買うことは出来ませんでした。







 

   お昼頃にボーバロンの海も見ていきたい、ということで、移動。こちらは私達がお邪魔した季節では波はとても穏やかで、多くの観光客の方が泳いでいました。海の見えるカフェで昼食。セーシェルは通貨(お札)に鳥が描かれている程、様々な種類の鳥が生息しており、ここでも可愛い鳥たちを多く見かけました。アフリカ圏に属する国ですが、獰猛な生物はいないのが特徴です。





海の見えるカフェで昼食。セーシェルは通貨(お札)に鳥が描かれている程、様々な種類の鳥が生息しており、ここでも可愛い鳥たちを多く見かけました。アフリカ圏に属する国ですが、獰猛な生物はいないのが特徴です。







セーシェルは通貨(お札)に鳥が描かれている程、様々な種類の鳥が生息しており、ここでも可愛い鳥たちを多く見かけました。アフリカ圏に属する国ですが、獰猛な生物はいないのが特徴です。

  


 



 

        夜はホテルヴァイキング。ヴァンヤンツリーに行かれる方は、曜日によってディナーメニューが違うので、是非ヴァイキングが開かれる曜日を含めて宿泊されることをおすすめします。とても豪華で、次の日にウエディングドレスを着る事が無ければ、お腹が膨れるまで食べていたいところでした・・!!









**********************************
セイシェル旅行の専門店 セイシェルリゾート
セイシェルリゾート
**********************************